転職とキャリアアップ〜私が超大手企業に内定した方法〜

筆者が日本を代表する超大手企業への転職・キャリアアップを実現した方法

働き方改革により残業時間に上限

大企業は2019年4月から、中小企業は2020年4月から働き方改革の一環として残業時間の上限規制が導入されることになりました。

 

働き方改革

 

働き方改革は日本の会社員が抱える以下のような問題点にメスを入れる目的で導入されました。

 

・長時間労働の常態化


・大手企業でたびたび起こる労働者の自殺

 

このような過酷な労働環境では、なかなか子育てに踏み切れず日本の出生率の低下にも影響を与えていると考えられます。

 

出生率の低下はゆくゆくは、日本の労働生産力の低下や国際競争力の低下にもつながる深刻な問題です。

 

働き方改革による残業の上限規制は要約すると以下のようになっています。

 

<施行前>


・原則
月45時間、年360時間まで(月換算すると30時間/月)

 

・上限
従業者との合意により上限なく可


<施行後>


・原則
月45時間、年360時間まで(月換算すると30時間/月)

 

・上限


下記の①~③のすべてを満たさなければ、6か月以下の懲役または30万円未満の罰金となりました。

 

①単月で100時間未満(休日労働時間を含む)


②年間で720時間未満


③複数月平均で80時間未満

(2か月平均、3か月平均、4か月平均、5か月平均、6か月平均のいずれも80時間未満)


従来の制度では、残業時間が月45時間、年360時間と決められていたものの罰則がなく、実質残業時間が青天井だったのは相当におかしい状態であったといえます。

 

罰則がない規定というのはもはや規定がないのと同じですからね。


今回の改正で残業時間の上限を超えた場合に罰則が課されたのは大きな進展といえるでしょう。

 

しかし、ながら今回課されることとなった罰則である罰金30万円というのは残業代に換算すればせいぜい残業時間100時間程度であると考えると、罰則は明らかに軽すぎますね。

 

あとはこの規制に違反した企業をメディアが大きく報道して企業の信頼を棄損させるような対応をしていけば、日本の社会は少しずつ変わっていくかもしれません。

転職面接の想定問答集(キャリア・経歴に関するもの)

今回は転職の面接準備として回答を考えておくべき質問のうち、キャリア・経歴に関するものをピックアップしてご紹介します。

 

それぞれの質問に対し解答を用意し、話せるようにしておきましょう。

 

 

・○○大学○○学部(高校、大学院)に入った理由は?

 

・新卒で○○社に入社した理由は?

 

・新卒で○○の職種を選んだ理由は?

 

・どういう軸や判断基準で就職先を選んだか?

 

・なぜ今の会社を辞めようと思うのか?

 

・その退職理由は今の会社で解消できないのか?

 

・転職を考えることになったきっかけとなる出来事はあるか?

 

・なぜ一年後や3年後とかではなく今のタイミングで転職なのか?

 

・どういう基準で転職先を選んでいるか?

 

・なぜこの業界を志望しているのか?

 

・なぜこの会社を志望するのか?

 

面接の想定問答と準備について

就職活動、転職活動における面接対策には大きく分けて2種類の考え方があるように思います。

 

・準備をするとわざとらしくなるから準備をせずありのままの自分で臨む

・想定問答集や解答例を考え周到に準備をする

 

これについて私は絶対に準備を重ねて面接に向かうことを推奨します。

 

普段から仕事に追われている私たちにはゆっくりキャリアを振り返る時間はない場合がほとんどですし、面接時に聞かれるような質問は普段の会話で人に話をするような内容ではありませんのでスムーズな回答をすることはもちろん、面接官の期待するような話を持ち出すことは極めて困難だからです。

 

「私は話が得意だから準備をしなくても大丈夫」という人もいるかもしれませんが、そういった方は面接の各質問に対してスムーズな回答ができていたとしても、本当に効果的な返答ができているのでしょうか。態度や身振りは問題ないでしょうか。

 

そういった方も、十分な準備練習を重ねることでより良い印象を面接官に与えることができるようになるはずです。

 

 

 

転職の面接で聞かれる質問はどこの会社を受けたとしても似たような質問がされるケースが多いです。

 

ですから、面接における質問のすべてを事前準備した解答で答えることは難しいものの、面接時に聞かれる質問の多くが事前準備をした解答やその応用で答えることができるのです。

 

ぜひ転職活動で面接を受ける前の準備は周到に行っていただき内定を勝ち取っていただければと思います。

 

転職サイト、転職エージェント一覧 

今すぐに転職活動をしないにしても、転職サイトに登録をして市場動向を確認しておくことはキャリアにとってとても良いことです。

 

転職サイト、エージェント

・リクナビNEXT

リクルートキャリアが運営する転職・求人情報サイトで圧倒的な数の求人を掲載してみます。転職活動を始める方はまずリクナビNEXTの登録から。

 

・リクルートエージェント

転職支援実績No.1の転職支援サービス。

 

・doda(デューダ)

リクルートエージェントに次ぐ、日本最大級の転職エージェント。非公開求人の紹介や面接対策やキャリアプランの相談サービスを提供。

 

 

 

・JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けで、高年収層に特化した転職エージェント。

 

転職活動のタイミング

転職は自分がしたくなったときにするというのが一つありますが、転職は一生のうちにそう何度もあることではありませんので慎重にタイミングを見計らう必要があります。


転職の時期を考えるときに以下のものについては必ず良く検討しなければいけません。

 

1.その時の転職市場


まず転職を行う時にはいわゆる景気の影響を考えることはとても重要です。


コネや人脈のない限り転職活動においては、応募書類を提出し、面接を受けるというプロセスで進めていくのですが、景気の悪いときにはそもそも企業は採用を行いません。


特に経理をはじめとする管理部門は利益を直接生む部署ではありませんから、企業の業績が悪い時には管理部門の求人はまずないものと考えていいでしょう。


業績が悪いにも関わらず管理部門の採用をしている企業もたまにありますが、そういった企業は人材の流出等により相当の人材不足になっていると考えられるので、特段の理由がない限りそのような企業を受けるべきではありません。
管理部門の中でも、内部監査やコンプライアンスなどいわゆる守りの部門は企業にかなりの余裕がないと中途採用を行いませんので、そういった求人が転職市場にでているかどうかで転職市場の状況を見極めても良いでしょう。

 

転職市場が良い時に活動をすれば、自分でも驚くようなチャンスが巡ってくることもありますよ。

 

 

2.現職を続けた場合の自分の市場価値


あなたは今の会社で働き始めて何年たちましたか。


毎年新しく身につけたもの、経験を重ねたものがありますか。


その会社を出た時に他の会社でも使えるスキルを身につけていますか。


このような観点から自分があと1年とか3年その会社にいた時に自分の市場価値が上がるかどうかを考えてみるといいでしょう。


一般的に転職市場では年齢が若い人ほどニーズがあります。


もし中途採用で採用した部下が上司より年上では使いづらいというのもありますし、年齢を重ねると新しいことを覚えるのも難しくなってきます。


つまり、あなたのスキルや経験が変わらないまま今の会社で1年過ごしたとするとあなたの市場価値は下がってしまうというわけです。


ですからあなたは今の会社で一年なり3年なりを過ごした時をイメージして、もし年齢を重ねることによる市場価値の下落をカバーするだけの知識や経験を得られそうにないのであれば早期に転職を検討すべきです。

 

 

3.どうしても辞めなけれは健康を害してしまう
世の中にはまだまだ酷い職場環境のところもあり、真面目に頑張った結果体を壊してしまう方もいらっしゃいます。


キャリアやお金も大切ですが、自分の体が第一です。


そこまでして頑張って耐える必要はどこにもありません。

 

管理人プロフィール

管理人は現在誰もが名前を知る日本を代表する企業(と多くの人が思うでしょう。)の経理部門で働いています。

 

今でこそ働いている企業名を知人に話すと羨ましがられる機会も増えたのですが、初めからそのような順風満帆な人生ではなくこれまで本当に紆余曲折がありました。

 

管理人は家のまわりが田んぼばかりの田舎で生まれ育ちました。両親は特に教育熱心ということはなく、今の会社にいる同僚の多くのように難関校への受験を勧められたこともなく、私自身も頑張って勉強をして難関校を目指すという価値観も当時持ち合わせていませんでした。

 

しかし、有り難かったのは「自分の人生は自分で決めろ。」「(収入を得ることや家事の面など)自分のことは自分で出来るようになれ。」というようにとにかく自分の意思を尊重する教育(というほどのものでもありませんが。)をしてもらったことです。

 

そのおかげかいまでも自分のやりたいことは自分で考える機会が多いですし、こうして一流企業への転職も果たしました。

 

私のこれまでの経験や仕事を通じて感じたこと、学んだことをこのブログで発信することでだれかのお役に立てれば嬉しい限りです。